柔道整復師向けエコーセミナーの内容は?施術に役立つ理由も解説

柔道整復師として長く活躍するためには、国家資格を取得した後も研鑽に励むことが大切です。知識や技術を新たに習得すれば、施術における選択肢も広がります。実際、柔道整復師向けのセミナーはたくさん開催されていますが、特に注目しておきたいものがエコーセミナーです。今回はエコーセミナーで学べるエコー装置の概要やメリット、セミナー情報などを紹介していきます。

エコー装置(超音波画像観察装置)とは?

エコー装置(超音波画像観察装置)とは、骨・軟骨・筋肉・靭帯・腱など、皮膚の下にある軟部組織を画像に出して、観察できる装置のことです。

柔道整復師の主な仕事は、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷といった外傷性の怪我を治すことですが、その際にエコー装置が役立ちます。外部から見えない軟部組織を視認できるため、どの部分が悪くなっているのか、どのように施術すればいいのかなどを、適切に判断できるのです。

2017年4月より柔道整復師養成施設のカリキュラムが改正され、総単位数や履修時間が引き上げられました。それに伴い、新たなカリキュラムとして「柔道整復術適応の臨床的判定(医用画像の理解を含む)」が追加されます。この医用画像には「超音波画像」も含まれているため、柔道整復師にとってエコー装置は必要不可欠な存在になりつつあるのです。
実際に、柔道整復師向けのエコーセミナーが開催されたり、研修センターが開設されたりするなど、業界内でも動きが起こっています。

柔道整復師の施術でエコー装置が役立つ理由

柔道整復師にとってエコー装置がもたらすメリットや、施術での必要性は気になるところです。そこで、エコー装置が役立つ理由についても解説していきましょう。

放射線による人体への悪影響がない

皮膚の下や身体の内側を検査するといわれた場合、一般的にイメージするのはレントゲン装置やCT装置です。どちらもエックス線によって画像を作り出す装置なので、少なからず放射線を浴びることになります。

一方、エコー装置はエックス線ではなく超音波で画像処理を行うので、放射線による人体への悪影響がありません。そのため、幼児・妊婦・高血圧の人など、エックス線検査を受けられない患者さんも問題なく使用可能です。さらに、放射線被ばくの心配がないので、何度も繰り返して検査できます。組織が改善しているかどうか経過を観察しやすいため、より適切なアプローチができるのです。

動画でリアルタイムに観察できる

レントゲン装置やCT装置で作り出せる画像は、基本的にすべて静止画です。そのため、骨や筋肉といった運動器を検査する場合、正確に観察しづらいケースもあります。運動器の場合、曲げる・伸ばすといった動作に伴う症状が多いからです。

これに対してエコー装置は、組織の状態をリアルタイムで表示させることが可能です。身体を動かしながら、動画のように組織を観察できます。静止画の検査結果だと、解剖学に基づいて動態を予測しなければならないところ、動画なら動態を一目で確かめられるため、より正確に検査できるのです。

特に柔道整復師は、触診によって患部の状態をチェックしますが、エコー装置を併用すれば触診の精度も高めることができます。また、スポーツ障害や運動療法に関わる機会も多いので、動的に観察できるエコー装置は相性抜群でしょう。

省スペース性に優れ、検査がしやすい

レントゲン装置やCT装置と違い、エコー装置は非常にコンパクトです。施術用ベッドのすぐ側に置いても邪魔にならないサイズなので、省スペース性に優れています。

また、外部に持ち出すこともできるため、スポーツの現場でも大いに役立ちます。近年、スポーツトレーナーの道に進む柔道整復師が増えているので、それを踏まえてもエコー装置はとても有用です。

さらに、操作が簡単で使いやすい点もメリットといえるでしょう。検査自体も数分~十数分程度で完了するため、時間もわずかしかかかりません。

柔道整復師向けのエコーセミナーが開催されている

柔道整復師がエコー装置について学ぶ場合、一番手っ取り早い方法はエコーセミナーに参加することです。エコーセミナーは医療機器メーカーや、整骨院・接骨院の開業サポートに携わっている企業が開催しています。

エコーセミナーの内容は開催元によって異なりますが、主にエコー装置の使い方やメリット、注意点などについて学べます。講義だけではなく、講師によるデモンストレーションを公開したり、少人数制で実技研修を行ったりするセミナーもあるため、実践的な技術も習得可能です。

注意するべきポイントは、柔道整復師向けのエコーセミナーを選択しなければならないことです。エコー装置は医師や看護師も使用するので、医療従事者向けのエコーセミナーもよく開催されています。同じエコーセミナーでも学べる内容に差異があるため、間違って参加すると混乱しかねません。

エコー装置を使いこなせば患者さんも増える!

柔道整復師がエコー装置を使いこなすことで、検査の精度を高められるのはもちろん、施術内容の検討や経過観察にも役立てられ、より質の高い施術を提供することができます。実際、エコー装置を導入している整骨院・接骨院を見てみると、「以前より患者さんが増えた!」という報告も上がっているため、経営の観点を踏まえてもメリット大です。一歩リードした柔道整復師になりたい、集客や売上を増やしたいという人は、一度エコーセミナーに参加してみてください。

サンキュー整骨院グループ求人募集中
東京/千葉/大阪/東京/兵庫/愛媛/福岡

【お申し込みの手順】

  • 1.お電話、フォーム、LINE、Facebookにて面接・見学のお申込みをしてください
  • 2.「お名前」「ご住所」「ご連絡先」「ご希望日時」をおうかがいします
  • 3.追って「日時」と「起こしいただく院」を担当者よりご連絡します

※学校の就職担当(キャリアセンターの先生)にお伝えいただいても大丈夫です

LINE・Facebookからのエントリーの場合は
「お名前(フルネーム)」「出身校」「学年」「見学希望日時」をお伝え下さい。