柔道整復師の平均的な月給はいくら?収入を上げる5つの方法も紹介

柔道整復師を目指して勉強している人、および柔道整復師として現在働いている人にとって、給与面は非常に気になるところです。他の柔道整復師がいくらくらい月給をもらっているのか、どのような働き方をすれば収入が上がるのかなど、知りたいという人は多いのではないでしょうか。

今回は柔道整復師の業界における平均的な月給と、月給アップを実現する5つの方法について詳しく解説します。柔道整復師として長く活躍するためにも、ぜひ参考にしてください。

柔道整復師の平均的な月給はいくら?

柔道整復師として整骨院(接骨院・ほねつぎ)で働く場合の平均的な月給は、正社員ならだいたい30万円となっています。新卒の初任給は20~25万円程度ですが、これは一般企業に入った場合とほぼ同じ額面です。

一方、時給換算で給与が支払われる場合、アルバイト・パートなら約1,100円、派遣社員なら約1,350円が平均的な時給となっています。上記の雇用形態で働くことを考えているなら、こちらも一緒に覚えておきましょう。

また、柔道整復師として正社員で働くときの平均年収については、約300~800万円とかなりの開きが見られます。一般的な整骨院で働く場合、年収は300~400万円程度に落ち着きますが、経験年数やスキルによって月給は大きく変わるため、頑張り次第で年収800万円クラスまで到達することも可能です。

なお、入社直後は本人のスキルや資質を確かめる目的で、3ヵ月程度の試用期間が設けられます。試用期間中は給与が低く設定されるケースが多いため、あらかじめ研修制度などと併せてチェックしておくことが大切です。

柔道整復師の月給を上げる5つの方法

柔道整復師として長く活躍するためには、施術のスキルを磨くだけではなく、十分な給与を得ることが大切です。ここでは、月給アップにつながる5つの方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

院長やマネージャーになる

他の職業と同じく、柔道整復師も責任あるポジションに就くと、昇給が期待できるようになります。院長やマネージャーに昇進すれば、3~5万円程度の役職手当がついてくるため、目に見える形で月給アップが実感できるでしょう。そのポジションに求められる成果をしっかり出せば、年収が500~700万円クラスまで到達する可能性もあります。

柔道整復師として院長やマネージャーを目指す場合、「院長候補」など条件付きの求人を探すのがおすすめです。ただし実務経験を求められるケースが多いので、転職する人は特にチェックしておきましょう。

歩合制で稼ぐ

歩合制を導入している整骨院で働く場合、施術した数が多ければ多いほど給与も上がります。自分の頑張りがしっかり給与に反映されるため、月給アップを実現しやすいのはもちろん、仕事へのモチベーションも高まりやすいでしょう。

そして、多くの患者さんを施術するということは、柔道整復師としてより多くの経験を積み重ねられるということでもあるので、自己研鑽やスキルアップにもつながります。

また、整骨院によっては一定の成果を出せば、その分だけボーナスや昇給に反映するというケースもあるため、あらかじめ歩合制のシステムをよく確認しておきましょう。

独立開業する

柔道整復師の国家資格には「開業権」があるので、どこかの整骨院で雇ってもらうだけではなく、自分で整骨院を設立・経営することもできます。もし独立開業に成功した場合、年収1,000万円超えを実現できる可能性もあるため、とても夢がある働き方といえるでしょう。

ただし、近年は柔道整復師の増加にともない、業界の競争も激しくなっています。また、独立開業を成功させるためには、施術だけではなく経営に関するスキルも習得しなければならないため、決して楽な道ではありません。

介護業界で働く

「超高齢社会」に突入した現在、介護業界でも柔道整復師のニーズは高まっています。柔道整復師の国家資格があれば、高齢者の自立した生活をサポートする「機能訓練指導員」として働くことが可能です。

介護業界は慢性的な人材不足に陥っているので、柔道整復師の機能訓練指導員はかなり重宝されます。実際、好条件・好待遇の求人が多く、年収についても整骨院より高い400~500万円クラスを実現できる可能性が高いため狙い目です。

スポーツ業界で働く

柔道整復師は身体機能・運動機能について詳しく、応急処置の技術も身につけているため、スポーツ業界でも重宝される存在です。特にプロチームやプロ選手のスポーツトレーナーとして専属契約を結べば、年収1,000万円クラスも狙うことができます。

ただし、プロの世界は実力主義なので、とにかく成果を出さなければなりません。期待していた成果が出なかった場合、容赦なく解雇される可能性もあるため、業界に入ったあとも自己研鑽が必要不可欠です。

柔道整復師として働くなら、平均的な月給についても把握しよう

柔道整復師は怪我による痛みなどを改善して、患者さんの健康な生活をサポートします。そのため、誰かの役に立っていることを実感できる職業ですが、やりがいや達成感があっても給与が低いと働き続けることは実質的に困難です。

柔道整復師として長く活躍したいなら、自分の経験やスキルにふさわしい月給が支払われているか、客観的に見つめる必要があります。柔整業界における平均的な月給や年収、月給アップの方法を把握して、給与面でも満足できる働き方を目指しましょう!

LINE 登録特典
働いてはいけない整骨院・
接骨院を見抜くチェックリスト

本特典をお読みいただくことで、今勤めている院、あるいは勤めようか考えている院が「本当に大丈夫かどうか?」を考えられる基準がわかります。
この様なお悩みがある方は、特典を受け取って確認をしてみてください。

  • 今の勤務先で悩みがある
  • 勤務先を変えた方が良いのか?の判断基準が欲しい
  • 直ぐではないが勤務先を変えようか考えている
  • 5年後も今の院で働いているイメージがない

柔道整復師の業界はまだまだ古い体質が残っています。
働いている先生がまず幸せにならないと、患者さんを幸せにすることは難しいです。
このチェックリストが先生の勤務先を見定める一助になれば幸いです。

サンキュー整骨院グループ求人募集中
東京/千葉/大阪/東京/兵庫/愛媛/福岡

【お申し込みの手順】

  • 1.お電話、フォーム、LINE、Facebookにて面接・見学のお申込みをしてください
  • 2.「お名前」「ご住所」「ご連絡先」「ご希望日時」をおうかがいします
  • 3.追って「日時」と「起こしいただく院」を担当者よりご連絡します

※学校の就職担当(キャリアセンターの先生)にお伝えいただいても大丈夫です

LINE・Facebookからのエントリーの場合は
「お名前(フルネーム)」「出身校」「学年」「見学希望日時」をお伝え下さい。