柔道整復師とは?必要な資格と仕事内容について解説します

柔道整復師の仕事内容とは

柔道整復師が行う仕事は、骨折・脱臼・捻挫・打撲の外傷といった「急性期の外傷の処置」と、怪我の回復を行う「後療法」の大きく二つです。

一方で、肩こりなど慢性的な痛みの施術は、柔道整復師の仕事の対象外となります。以下から、わかりやすく解説していきます。

柔道整復師の特徴と仕事内容

柔道整復師は、字のごとく柔道から派生した東洋医学です。ですが、医学といっても西洋医学のような麻酔やメスで切ったり縫ったりする観血的療法は行うことができません。また、レントゲンなどの画像診断を行う機械による診断も禁止されています。

では、上記で述べた骨折や脱臼などをどうやって処置するのか?と疑問に思われる方もいるでしょう。
柔道整復師は、手で触りその感触や経験・知識から診断、応急処置を行うのです。これこそが柔道整復師の特徴かつ最大の強みです。

診断をした後は、応急処置として骨折や脱臼を整復し、再脱臼や整復のズレ等が起こらないように固定します。固定は、捻挫や打撲の際も行います。
回復期になると、物理療法である電気治療や運動療法のリハビリを行い、完治へ導きます。

柔道整復師の活躍の場

柔道整復師は、「整骨院」「接骨院」「ほねつぎ」といった開業施設での就職が一般的です。しかし、その資格を利用して独立・開業する側になることもできます。
類似資格である理学療法士や作業療法士といったリハビリに特化した資格は、開業することができない事を考えると、大きなメリットといえるでしょう。

その他にも、整形外科やリハビリ施設でのリハビリ、介護施設での運動機能訓練、スポーツトレーナーなど活躍の場は拡がり続けています。
このように活躍の場が多くあるのが柔道整復師資格の利点です。

柔道整復師に必要な資格とは

多様な活躍の場がある柔道整復師ですが、柔道整復師になるために必要な資格はなんでしょうか?
必要な資格と取得までの道のりについて解説します。

柔道整復師に必要な資格

柔道整復師になるために必要な資格は、柔道整復師国家資格です。
この国家資格を取得し、免許を「柔道整復師名簿」に登録することで晴れて柔道整復師として仕事を開始することができます。

資格取得への道のり

柔道整復師国家資格を取得するための試験には、受験条件があります。
それは、厚生労働省認定の3年制の専門学校か文部科学省認定の3年制の短大、4年制の柔道整復科を有する大学のいずれかを卒業するというものです。

これらの学校では、解剖学や内科・外科といった医学的な勉強から、柔道整復師の専門的な骨や筋肉・関節や腱などに特化した座学、骨折や脱臼・捻挫を整復や固定する手技を実技で学びます。

さらに、柔道整復師という名前だけあり、実際に柔道を行う時間もあります。初心者の方も学校生活のなかで「初段相当」の受け身や技を習得するのです。

在学中に柔道整復師としての知識を得ると、年1回3月の第一日曜日に行われる国家試験を受験する事ができるのです。

柔道整復師の合格率と合格者数

柔道整復師国家試験の合格率は平成31年度65.8%でした。受験者数6,164名に対し合格者数は4,054名となっています。ちなみに前年度は合格率58.4%です。毎年合格率は多少の変動はあるものの概ね60%前後の合格率といえます。

なお、過去には80%を超える合格率であった時代もありますが、柔道整復師が多くなった事や一人ひとりの質の向上を重視する観点から試験内容が難しくなっているといわれています。

柔道整復師の将来性

柔道整復師は働く場という観点からみると、活躍できる場が多く、自身の可能性を拡げられる資格といえるでしょう。どのような活躍の場があるか紹介します。

整骨院だけでなく、介護施設やスポーツジムなどでも働ける

整骨院への就職だけでなく、柔道整復師の資格は多くの職に就きやすい資格です。例えば介護施設では、リハビリや運動機能訓練・施設内の体を動かすレクリエーションの補助、高齢者の体のケアまで行う事ができるため、非常に重宝される資格といえます。

また、高齢化社会の現代では、介護施設がデイサービスから入所施設まで多く存在しています。そのため、介護施設への就職を考えている方にとっても就職が有利に働きやすいでしょう。

スポーツジムでの就職も有利に働きます。現在では、「健康長寿」という言葉が叫ばれ始め、スポーツジムを利用して体の維持・管理を行う方が増えています。このような方に向けて運動アドバイスや、ストレッチの指導などを専門的な柔道整復師の視点から行う事ができます。

さらに、ジム内での緊急時の応急処置に対応できる事も柔道整復師の資格を持つ強みとなります。

機能訓練指導員としても活躍可能

機能訓練指導員とは、リハビリや機能訓練を専門に扱う職員です。資格ごとに行える指導内容が異なり、柔道整復師が行う機能訓練指導は、骨や筋肉・関節といった体の痛みに対して緩和・機能回復を支援します。

この機能訓練により、高齢者は機能が回復することで生活の質が向上します。その手助けをする事ができる機能訓練指導員は、仕事のやりがいがあり、就職先も多く存在します。

柔道整復師は将来性のある資格

柔道整復師は、柔道発祥の地である日本で誕生した資格です。資格を取得するための試験を受けるには、最短3年学校に通う必要があり、試験の合格率は60%程度です。3年間しっかり学習して身につければ、十分合格可能な資格です。

人生100年時代の突入とともに、多くの人が健康を保ちつつ長生きする事に重点を置くようになりました。それに伴い、柔道整復師は運動機能訓練指導やリハビリ・運動時のサポートなど仕事の幅が拡がっており、今後活躍する幅がさらに拡がると予想されています。

サンキュー整骨院グループ求人募集中
東京/千葉/大阪/東京/兵庫/愛媛/福岡

【お申し込みの手順】

  • 1.お電話、フォーム、LINE、Facebookにて面接・見学のお申込みをしてください
  • 2.「お名前」「ご住所」「ご連絡先」「ご希望日時」をおうかがいします
  • 3.追って「日時」と「起こしいただく院」を担当者よりご連絡します

※学校の就職担当(キャリアセンターの先生)にお伝えいただいても大丈夫です

LINE・Facebookからのエントリーの場合は
「お名前(フルネーム)」「出身校」「学年」「見学希望日時」をお伝え下さい。