テニス肘は整骨院で施術できる!保険の適用条件についても解説

日常的なちょっとした動作で肘や手首が痛むとき、テニス肘の症状が出ている可能性があります。症状がひどくなると物を持てなくなることもあるため、整骨院での施術で早めに対処しましょう。

今回の記事では、テニス肘の概要を説明しつつ、整骨院での施術内容、保険適用の可否、整形外科との比較などをまとめて解説します。

そもそも、テニス肘とは?

テニス肘とは、“上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)”と呼ばれる疾患のことです。物を持ち上げたり、指を強く握ったりするなど、ちょっとした動作を行なうときに、肘の外側から前腕あたりに痛みが生じます。

テニス肘は、テニスプレーヤーに多く発症することから、このような名称が付けられましたが、テニスの経験がない方でもなることがあります。例えば、下記のような動作をよく行なう方は注意が必要です。

  • ラケットを握って手首を動かす
  • 重たい荷物を大量に運ぶ
  • パソコン作業で手指を長時間使う
  • スマートフォンでの操作が多い
  • 細かな手作業が多い

これらの動作を続けることで、肘の外側の筋肉に負荷がかかり、腱や骨膜の炎症、筋の変性につながってしまいます。

テニス肘は、整骨院の施術で改善可能

テニス肘の症状を長期間そのまま放置すると、慢性的な炎症となるおそれがあります。症状が気になった段階で、早めに必要な施術を行なうことが大切です。

例えば、整骨院ではテニス肘に対して以下のような施術が受けられます。あくまでも一例ではありますが、整骨院に通院する際の参考にしてください。

筋肉の調整

通常、筋肉に疲労物質(乳酸など)がたまると、血液中の酸素がその疲労物質を分解してくれます。

しかし、筋肉に過度に負荷がかかると、血行障害が引き起こされ筋肉は硬くなり、分解されるはずの疲労物質が蓄積していき、結果的に痛みや炎症が出ます。

テニス肘を改善するには、痛みのある肘まわりだけを調整するのではなく、手首や肩などを含めて施術するのがポイントです。例えば、背中の筋肉をやわらかくして、肩甲骨の柔軟性を高めることで、肘まわりの緊張がほぐれていきます。

なお、使用する手技や具体的なアプローチ方法は、整骨院によって異なるため、整骨院ごとの施術方針をホームページで事前に確認しておきましょう。

物理療法

テニス肘の痛みを和らげるのが、電気治療や温熱治療など、機械を使った物理療法です。

整骨院では、痛みのある肘や手首だけでなく、全身のバランスを調整していきます。筋肉・関節・神経などに対して症状を和らげるためのアプローチを行ない、身体のゆがみを正していくことで、肘のゆがみを改善に導きます。

このゆがみを改善する施術は、テニス肘の再発防止にもつながります。

動作の補助

テニス肘になった場合は、肘や腕を無理に動かさないよう、テニス肘テーピングやサポーターを使って補助します。患部を固定することによって、回復がより早くなるでしょう。

テニス肘は一度発症すると再発しやすく、治りが悪くなるのが特徴です。肘になるべく負担をかけないよう、スポーツをする際は入念にウォーミングアップを行ない、テーピング・サポーターを使うのが望ましいでしょう。

ストレッチ方法の指導

テニス肘を予防するためには、身体の正しい使い方を覚えることが大切です。有効な対処法としては、ストレッチをしっかりと行ない、筋肉を伸ばすことが挙げられます。

テニス肘の再発防止・リハビリという意味でも、整骨院で教えられたストレッチ方法を継続して行ない、日頃からセルフケアに努めましょう。

テニス肘で整骨院を受診する場合、保険適用はできる?

整骨院に通うなら、健康保険を適用できる施術の範囲をあらかじめ知っておきましょう。骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷など“急性の外傷”の場合には、保険適用が可能です。このなかでも骨折・脱臼に関しては、医師の同意を得たうえで通う必要があります。ただし、応急処置など緊急性のある場合は、医師の同意がなくても施術を受けることが可能です。

テニス肘の場合、発生原因が明らかで“急性の外傷”に該当する場合は、健康保険の対象となる可能性があります。カウンセリングを受ける際には、保険適用の範囲に含まれるのか、よく確認しておきましょう。

【テニス肘】整骨院と整形外科、どちらがおすすめ?

テニス肘になったとき、整形外科と整骨院のどちらに行くべきか判断に迷う方も多いことでしょう。それぞれ特徴やメリット・デメリットが異なるため、自分の症状や目的に合わせて受診先を選ぶことをおすすめします。

例えば、仕事で病院に通えるタイミングが少ない方には、土日祝日や夜間も開いている整骨院のほうが通うのが容易です。整骨院では、国家資格を持つ柔道整復師による、独自の手技を用いた施術を受けられます。

一方で、病名を知りたいとき、薬や診断書が欲しいとき、レントゲンやMRIなどの精密検査をしたいときには整形外科への来院が必要です。

テニス肘への施術内容は整骨院によって異なる!

テニス肘は名前のとおり、テニスプレーヤーに多い症状ですが、仕事で日常的に重量物を運んでいる方、パソコンやスマートフォンを多用する方にも起こる可能性があります。肘や手首の痛みに悩んでいる方は、慢性化する前に整骨院での施術を受けましょう。

テニス肘に対するアプローチ方法は、整骨院によってさまざまです。「整形外科に通っているが、症状が変わらない」という方も、一度整骨院での施術を試してみてはいかがでしょうか。

フォローする

LINE 登録特典
働いてはいけない整骨院・
接骨院を見抜くチェックリスト

本特典をお読みいただくことで、今勤めている院、あるいは勤めようか考えている院が「本当に大丈夫かどうか?」を考えられる基準がわかります。
この様なお悩みがある方は、特典を受け取って確認をしてみてください。

  • 今の勤務先で悩みがある
  • 勤務先を変えた方が良いのか?の判断基準が欲しい
  • 直ぐではないが勤務先を変えようか考えている
  • 5年後も今の院で働いているイメージがない

柔道整復師の業界はまだまだ古い体質が残っています。
働いている先生がまず幸せにならないと、患者さんを幸せにすることは難しいです。
このチェックリストが先生の勤務先を見定める一助になれば幸いです。

サンキュー整骨院グループ求人募集中
東京/千葉/大阪/東京/兵庫/愛媛/福岡

【お申し込みの手順】

  • 1.お電話、フォーム、LINE、Facebookにて面接・見学のお申込みをしてください
  • 2.「お名前」「ご住所」「ご連絡先」「ご希望日時」をおうかがいします
  • 3.追って「日時」と「起こしいただく院」を担当者よりご連絡します

※学校の就職担当(キャリアセンターの先生)にお伝えいただいても大丈夫です

LINE・Facebookからのエントリーの場合は
「お名前(フルネーム)」「出身校」「学年」「見学希望日時」をお伝え下さい。