妊娠中に整骨院に行っても良い?妊婦が施術を受けるメリットと注意点を紹介

妊娠中には、さまざまな体調不良に悩まされる女性が多く存在します。その悩みの一つが腰痛や肩こりです。お腹の中の赤ちゃんが大きくなって重さが増していく分、身体への負担は大きくなります。

そんな時、「普段なら迷わず整骨院に行くような痛みだけれど、妊娠中に整骨院を利用しても良いのかな……?」と、悩む妊婦さんも少なくありません。

そこで今回は、妊娠中に整骨院に行っても良いのか、妊娠中に整骨院に行くメリットや注意点について紹介します。

妊娠中でも整骨院は利用できる?

妊娠中、整骨院を利用しても問題ないのでしょうか。

結論からいうと、妊娠中でも整骨院は問題なく利用できます。しかし、妊娠中の女性が施術を受ける際には、注意すべき点がいくつかあるのも事実です。

具体的にどのような注意点があるのかは後述しますので、ぜひこの機会に確認しておきましょう。

妊娠中に整骨院を利用するメリット

妊娠中の整骨院の利用が可能なことはわかりましたが、整骨院を利用することによって、どのようなメリットが得られるのでしょうか。

腰痛や肩こりが軽減する

妊娠中に身体が痛む原因は、ホルモンバランスの変化によって骨盤がゆるむことにあります。骨盤をゆるめることで、赤ちゃんが入るためのスペースを作っているのです。

しかし、骨盤のゆるみは腰痛や肩こりなどのさまざまな不調につながります。ただでさえ不安なことが多い妊娠中に、腰痛や肩こりでさらにストレスが溜まってしまう妊婦さんは多いでしょう。
そういったストレスの緩和にも、整骨院の利用は有効だといえます。

つわりの軽減が期待できる

妊娠中に起こる不調の代表例がつわりです。個人差はありますが、食べ物の匂いを嗅いだり電車に乗ったりするだけで、耐えられない吐き気に襲われる妊婦さんも多くいます。

つわりは病気ではないため根本的な対処が難しく、ひたすら耐えるしかないともいわれています。しかし、整骨院を利用することによって、つわりの症状が軽減する可能性があるのです。

整骨院で適切な施術を受けると、凝り固まっていた筋肉がほぐれ、血行が良くなります。血流が良くなると冷えの改善につながり、つわりの症状も軽くなることが期待できるのです。

リラックス効果が得られる

妊娠中は、ホルモンバランスの乱れによる不調などからストレスが蓄積し、精神的に不安定になりやすい状態です。

そこで整骨院を利用して施術を受けることで、腰痛などの悩みが改善されるとともに、リラックス効果が得られます。また、自律神経も整うため、ストレスの緩和も期待できるでしょう。

逆子(さかご)改善効果を期待できる

整骨院で施術を受けることで、逆子(さかご)を改善できることがあります。もちろん、逆子自体は病気ではありませんので、改善しなければならないわけではありません。しかし、出産時の母子の負担が大きくなってしまうため、できれば不安を取り除きたいと思う妊婦さんがほとんどでしょう。

赤ちゃんが大きくなればなるほど、逆子の改善は難しくなりますので、早い時点で施術を受けることがおすすめです。

妊娠中に整骨院を利用する際の注意点

妊娠中は自身の身体の状態に常に気を配り、あらゆることに注意をしなければなりません。そのため、整骨院を利用する際にも、以下に示すいくつかの点に留意する必要があります。

かかりつけの産婦人科医に事前に相談する

整骨院を利用する前には、必ずかかりつけの産婦人科医に相談しましょう。妊娠中の身体は非常にデリケートです。また、妊婦さん1人の身体ではないため、母体と赤ちゃんの両方の健康や安全に配慮する必要があります。特に、妊娠初期には細心の注意を払いましょう。

妊婦さんは自分の体調には敏感に気づけますが、赤ちゃんの状態は医師にしかわかりません。安定期であっても、事前に赤ちゃんの状態に問題がないか、整骨院を利用しても大丈夫かどうかを医師に確認しておきましょう。

腹部を圧迫しない

妊娠中に整骨院を利用する場合は、腹部を圧迫しないことが大切です。整骨院での施術は、通常はうつ伏せの状態で受けることもありますが、そういった姿勢も妊婦さんの場合は避けなければなりません。

あらかじめ施術者にも妊娠中であることを伝えたうえで、仰向けや横向きになって施術を受けるようにしましょう。そして、施術中に少しでも苦しいと感じれば、遠慮なく申し出ましょう。

電気治療はNG

電気治療は手軽に早く効果を得られますが、妊娠中は避けるのが無難です。妊娠中に電気治療を受けると、吐き気をもよおしたり、お腹が張ったりといった不調が出る可能性があるからです。
赤ちゃんへの影響もゼロとはいいきれないので、できるだけ刺激の少ない施術を選ぶのがよいでしょう。

違和感を抱いたら、すぐに施術をストップしてもらう

妊娠中に整骨院を利用する場合は、通常時よりも身体の不調や違和感に気を配りましょう。我慢して施術を受け続けると、つわりの悪化や、母体や赤ちゃんの状態に悪影響が出る可能性があります。
何かあってからでは遅いので、施術中に少しでも不調を感じたら、すぐに申告して止めてもらうことが重要です。

妊婦の施術を行なっている整骨院を選ぶ

どの整骨院を利用するか吟味することも非常に大切です。整骨院によっては妊婦の施術を断っているところや、妊娠中の施術に対して知識や技術が不足しているところもあります。

事前にホームページなどを見て、妊婦の施術を行なっている整骨院であるかをチェックしておきましょう。産院と提携している整骨院であればより安心です。記載がない場合や不安な点がある場合は、電話で直接問い合わせてみましょう。

妊娠中は安心・安全な整骨院利用を

妊娠中で腰痛や肩こりなどがある場合にも、整骨院を利用することはできます。整骨院を利用することで身体の歪みが改善されるほか、リラックス効果でストレスが軽減する、といったメリットも得られるでしょう。

ただし、妊娠中に施術を受ける際には、注意すべき点もいくつかあります。まずは事前にかかりつけの産婦人科医に相談したり、情報収集したりして、リスクの軽減に努めてください。そして、快適なマタニティライフを送れるよう、安心・安全な整骨院を利用するようにしましょう。

フォローする

LINE 登録特典
働いてはいけない整骨院・
接骨院を見抜くチェックリスト

本特典をお読みいただくことで、今勤めている院、あるいは勤めようか考えている院が「本当に大丈夫かどうか?」を考えられる基準がわかります。
この様なお悩みがある方は、特典を受け取って確認をしてみてください。

  • 今の勤務先で悩みがある
  • 勤務先を変えた方が良いのか?の判断基準が欲しい
  • 直ぐではないが勤務先を変えようか考えている
  • 5年後も今の院で働いているイメージがない

柔道整復師の業界はまだまだ古い体質が残っています。
働いている先生がまず幸せにならないと、患者さんを幸せにすることは難しいです。
このチェックリストが先生の勤務先を見定める一助になれば幸いです。

サンキュー整骨院グループ求人募集中
東京/千葉/大阪/東京/兵庫/愛媛/福岡

【お申し込みの手順】

  • 1.お電話、フォーム、LINE、Facebookにて面接・見学のお申込みをしてください
  • 2.「お名前」「ご住所」「ご連絡先」「ご希望日時」をおうかがいします
  • 3.追って「日時」と「起こしいただく院」を担当者よりご連絡します

※学校の就職担当(キャリアセンターの先生)にお伝えいただいても大丈夫です

LINE・Facebookからのエントリーの場合は
「お名前(フルネーム)」「出身校」「学年」「見学希望日時」をお伝え下さい。