ツライ坐骨神経痛!知っておきたい予防と改善方法!

坐骨神経痛は、ピリピリとした痛みやしびれなど、日常生活にも支障をきたしてしまうほどの辛い症状を引き起こします。今回は、坐骨神経痛の辛さから解放されるよう、予防法や改善方法、整形外科や整骨院で行われる一般的な治し方について紹介します。辛い痛みを引き起こさないように、あるいは痛みから解放され快適な日常生活が過ごせるように、ぜひ参考にしてください。

坐骨神経痛の症状と原因とは?

坐骨神経痛の症状や原因、坐骨神経賞を引き起こす主な病気について紹介します。

坐骨神経痛とは?症状と原因

坐骨神経痛とは、特定の病名ではなく症状を表す名称です。例えば、腰椎間板ヘルニアの結果として坐骨神経痛という症状が現れることとなります。

腰から足にかけて伸びている坐骨神経がさまざまな理由によって圧迫されたり刺激されることによって坐骨神経痛が生じます。代表的な症状としては、電気が走るような鋭い痛みやピリピリしたしびれ、強いハリなどです。その他、感覚鈍麻、麻痺、筋力低下、歩行障害などの症状が現れることがあります。

坐骨神経は、腰のあたりからつま先まで伸びている神経で、末梢神経の中で最も太くて長い神経です。神経が広がっている範囲が広いので、症状や原因も多岐にわたります。若い方から高齢者までほぼすべての方が坐骨神経痛に悩まされるリスクがあり、予防法についてもさまざまな病気に対してのリスクを考える必要があります。

坐骨神経痛を引き起こす病気

坐骨神経賞を引き起こす主な病気について紹介します。

  • 腰椎間板ヘルニア
    若い方の坐骨神経痛の原因となりやすいのが腰椎間板ヘルニアです。背骨の骨と骨の間でクッションの役割をしている椎間板という軟骨がはみ出したり飛び出したりすることにより発症します。
  • 腰部脊柱管狭窄症
    高齢者の坐骨神経痛の原因になりやすいのが、腰部脊柱管狭窄症です。腰部脊柱管狭窄症とは、脊柱管(脳から背骨に沿って伸びている神経の通り道)が加齢などを原因として狭くなり、下半身にしびれるような痛みや麻痺を生じさせる病気です。
  • 変形性腰椎症
    腰椎(骨盤の上で上半身を支える役割とさまざまな運動や姿勢を形作る役割を持つ骨)が加齢や過度な運動により変形してしまうことです。腰部脊柱管狭窄症の要因にもなります。
  • 梨状筋症候群
    梨状筋(臀部の深い位置にある円錐の形をした筋肉)が過度な運動などによって痛むことです。

以上のように、代表的な例を挙げるだけでも原因となる病気、発症する身体の部位や痛みの種類はまちまちです。

坐骨神経痛の予防と改善方法!整骨院と整形外科での施術方法も知ろう

坐骨神経痛の予防方法と発症してしまった場合の改善方法について紹介します。

坐骨神経痛の予防方法は?

坐骨神経痛が生じないように予防するための基本的な方法は、腰に負担をかけないようにすることです。具体的な方法は以下の通りです。

・コルセットの使用
病気の症状や後遺症などにより、自然な姿勢を取ることが難しく腰に負担がかかってしまう場合にはコルセットを使用して腰を保護します。座りっぱなしの仕事など、腰に負担がかかる仕事をしている方もコルセットの使用が効果的です。

・体重の増加に気を付ける
体重が増えてしまうと、身体の重みの負担が腰にかかってしまいます。3食きちんと栄養を摂ることを意識しつつ体重を増やさないように(あるいは減量するように)意識しましょう。

・バランスの取れた筋力トレーニングを行う
腹筋、背骨、骨盤周辺の筋肉、大腿四頭筋、ハムストリング筋など、坐骨神経とかかわる部分の筋肉をバランスよくトレーニングします。特に腹筋と背筋をバランスよく強化することが重要です。

・ストレッチをする
トレーニングを行う箇所(骨盤周辺の筋肉、大腿四頭筋、ハムストリング筋)をストレッチによってほぐすのも効果的です。お風呂上りなどの身体が温まっているときに行うとさらに効果的です。

・姿勢や生活習慣を意識する
座ったままの長時間の仕事や腰に負担のかかる姿勢も坐骨神経痛の要因になります。

・ストレスをためすぎない
過度なストレスは筋肉の萎縮や自律神経の不調を招いてしまいます。運動や趣味などにより、ストレス発散を意識しましょう。

坐骨神経痛を改善するには?

坐骨神経痛を改善するには、整形外科もしくは整骨院で治療や施術を早めに受けると効果的です。それぞれの施術所での治し方の特徴を紹介します。

・整形外科の場合
整形外科での治療は、医師の診察による西洋医学的なアプローチが行われます。すなわち、原因となる病気を特定(診断)して、その病気に対しての治療や投薬、手術などを施します。

整形外科での治療の特徴は、原因となる病名を診断してもらえること、診断に基づいた治療や薬の処方が受けられることです。デメリットとなりうる点も、いくつか挙げられます。レントゲン→診断→治療のステップを必ず踏まなければならないこと、患部に対してのみのアプローチとなるので身体全体の調子を整えたいときや、慢性的な痛みを治したいときなどには、あまり効果的でない場合があること、です。

・整骨院の場合
整骨院では、国家資格である柔道整復師によって電気やはり、マッサージなどの施術が行われます。

整骨院のメリットは、すぐに施術を受けられること、東洋医学的なアプローチから身体全体のバランスや患部以外の不調箇所を見てもらえること、背骨のゆがみやインナーマッスルなど慢性的な痛み・将来の不調の予防などにも効果が期待できる施術が受けられることが挙げられます。デメリットとしては、施術の内容によっては健康保険が受けられないこと、痛み止めの処方や病名の診断ができないことなどです。

坐骨神経痛は腰への負担が大敵!生活習慣や姿勢に注意

坐骨神経痛は病名ではなく、腰からつま先にかけて伸びている神経(坐骨神経)に発生する痛みの総称です。そのため、痛みの原因となる病気はさまざまで対処法や予防法もまちまちです。しかしながら、共通していることは、腰への負担を軽減することが重要であること。もし、痛みを感じたら早めに整形外科や整骨院に行って、治療・診察を受けるようにしましょう。

フォローする

LINE 登録特典
働いてはいけない整骨院・
接骨院を見抜くチェックリスト

本特典をお読みいただくことで、今勤めている院、あるいは勤めようか考えている院が「本当に大丈夫かどうか?」を考えられる基準がわかります。
この様なお悩みがある方は、特典を受け取って確認をしてみてください。

  • 今の勤務先で悩みがある
  • 勤務先を変えた方が良いのか?の判断基準が欲しい
  • 直ぐではないが勤務先を変えようか考えている
  • 5年後も今の院で働いているイメージがない

柔道整復師の業界はまだまだ古い体質が残っています。
働いている先生がまず幸せにならないと、患者さんを幸せにすることは難しいです。
このチェックリストが先生の勤務先を見定める一助になれば幸いです。

サンキュー整骨院グループ求人募集中
東京/千葉/大阪/東京/兵庫/愛媛/福岡

【お申し込みの手順】

  • 1.お電話、フォーム、LINE、Facebookにて面接・見学のお申込みをしてください
  • 2.「お名前」「ご住所」「ご連絡先」「ご希望日時」をおうかがいします
  • 3.追って「日時」と「起こしいただく院」を担当者よりご連絡します

※学校の就職担当(キャリアセンターの先生)にお伝えいただいても大丈夫です

LINE・Facebookからのエントリーの場合は
「お名前(フルネーム)」「出身校」「学年」「見学希望日時」をお伝え下さい。