辛い椎間板ヘルニアを治したい!整骨院ではどんな施術をしてくれるのか?

椎間板ヘルニアは、腰痛の原因の中で最も多いといわれている病気です。骨と骨の間にあるクッションの役割をしている椎間板が、過度な負荷や加齢など様々な原因によって変化し、中にある組織が外へはみ出ることで痛みやしびれなどの麻痺症状を引き起こします。今回は、椎間板ヘルニアの症状や仕組み、原因や治療法などをご紹介します。

腰の痛み、椎間板ヘルニアはなぜ起こる?

ツライ腰の痛みである椎間板ヘルニア。ヘルニアはなぜ起こってしまうのでしょうか。また、そもそも椎間板ヘルニアとはどのような症状なのでしょうか。以下から詳しく解説します。

椎間板ヘルニアとは?

「ヘルニア」とは、体内にある臓器がもともとある位置からずれて脱出してしまっている状態のことをいいます。いわゆる脱腸やデベソも、ヘルニアの一種です。このヘルニアが、背骨を構成しているひとつひとつの椎骨と椎骨のクッションである椎間板で生じているものを「椎間板ヘルニア」と呼びます。神経が圧迫されているために身体の曲げ伸ばしによる上下運動などによって腰痛やしびれ、場合によっては感覚麻痺や足の冷感なども感じることがあります。椎間板ヘルニアは整形外科や整骨院などで、様々な治療が行われています。

そもそも椎間板って?

人間の背骨は、24個の椎骨からできています。椎骨と椎骨の間にあるクッションの役割をもつものを「椎間板」といいます。椎間板は人間の身体の中で、血管が存在しない最も大きな組織です。血管が内部にないため、椎間板は修復や再生がしづらい組織といわれています。このような特徴から、椎間板は外部からの外傷や加齢による影響を受けやすいことで知られています。

椎間板がなくなると、椎骨と椎骨が直接当たることになり、動きが悪くなる、または痛みが生じるなどが考えられます。椎間板は動くときの支点となっており、身体の動きによって椎間板が適度に変形することにより、身体をスムーズに動かすことができるのです。

椎間板はとても水分が多いゲル状の組織で、中心にある「髄核」と、この髄核のまわりにある「線維輪」でできています。髄核の約80%は水分でできており、髄核の中に水分を溜め込むことによって適度な弾力を維持していると考えられます。椎間板ヘルニアは、椎間板から、中心の髄核が外部へ出てしまった状態のことをいうのです。

椎間板ヘルニアはなぜ起こる?その原因とは

椎間板ヘルニアの原因は、髄核のまわりにある線維輪に亀裂が生じ、髄核が外側へはみ出てしまうことにより起こります。線維輪の亀裂は、椎間板への外傷や線維輪の老化などが挙げられます。外傷は繰り返し生じた外傷が積み重なった場合や、一度の大きな負担によって生じることがあります。

スポーツや重労働などが関係しているといわれていますが、明確にはわかっていません。背骨のまわりには、数多くの神経が集まっています。そのため、椎間板の髄核が神経を刺激することにより、腰痛やしびれなどの症状を引き起こすと考えられます。

すぐに知りたい!椎間板ヘルニアの治療法

それでは気になる椎間板ヘルニアの治療法を解説しましょう。椎間板ヘルニアは放っておくとみるみる悪化していきますので、早めに治療することが重要です。

椎間板ヘルニアの治療法!保存療法と手術療法

椎間板ヘルニアの治療には、保存療法と手術療法の2つがありますが、手術療法はリスクを伴うため、一般的には保存療法を行います。
保存療法は鎮痛剤の内服や坐薬などの薬物療法、電気治療や温熱療法、ベルトやコルセットなどを装着して回復を試みる装具療法などがあります。痛みが改善傾向にある場合には、運動療法や牽引療法を行う場合もあります。

またステロイド剤の注射や局所麻酔薬などの神経ブロック療法を行う場合もあります。椎間板ヘルニアが自然に改善していくまでの痛みを和らげる対症療法のため、椎間板ヘルニア自体に効果が期待できるものではありません。そのため、治療の効果がわかるまでには数週間程度を必要とすることがあります。このような保存療法で改善されない場合に、整形外科で手術療法を行うことがあります。

整骨院での椎間板ヘルニアの治療

背骨や骨盤がゆがんだ場合、腰の神経や関節に負荷がかかり、椎間板が潰れる、また症状が出てしまう原因となります。そのため、整骨院では椎間板ヘルニアの治療において、患部だけでなく、背骨や骨盤のゆがみの改善やインナーマッスルの強化などを行うこともあります。背骨や骨盤など、身体のバランスを整えた上でインナーマッスルの強化や腹圧の低下を留めることで内臓機能を高め、血流改善に役立てることができると考えられます。

その他、個人差はありますが、長年多くの整骨院で行われている牽引治療もあります。またコルセットによって腰を固定し、痛みやしびれなどの症状を緩和する方法や、腹筋によって症状を和らげる体操療法などもあります。また腰部を温めることにより、痛みが緩和することもあります。

椎間板ヘルニアは自然に治ることもある?

椎間板ヘルニアになった椎間板が、元通りに修復することはありません。ただし、椎間板ヘルニアははみ出た髄核が消失または縮小することによって、自然に治癒する、または一時的に回復する場合があります。椎間板ヘルニアは診断を受けても、自然治癒力によって自然に治る可能性がある病気です。痛みやしびれなどの症状が重症ではない場合、鎮痛剤の内服や神経ブロック注射などの保存療法によって回復を待つことができます。リスクのある手術を不用意に行う必要はありません。

椎間板ヘルニアは、保存療法により自然治癒する可能性がある

椎間板ヘルニアになると、椎骨と椎骨の間のクッションにある線維輪に亀裂が生じ、髄核が飛び出ることで神経を圧迫し、痛みやしびれなどが生じるといわれています。スポーツや重労働、老化などが原因とされていますが、明らかにはなっていません。また一般的には鎮痛剤の内服やコルセットなどの装具療法、神経ブロック注射などによる保存療法が行われます。
整骨院では患部だけでなく、骨盤や背骨のゆがみやインナーマッスルの強化など、多角的に椎間板ヘルニアを改善に導く治療を行います。このような治療により自然回復することもあるため、リスクを伴う手術療法は無理に行う必要はないとされています。

フォローする

LINE 登録特典
働いてはいけない整骨院・
接骨院を見抜くチェックリスト

本特典をお読みいただくことで、今勤めている院、あるいは勤めようか考えている院が「本当に大丈夫かどうか?」を考えられる基準がわかります。
この様なお悩みがある方は、特典を受け取って確認をしてみてください。

  • 今の勤務先で悩みがある
  • 勤務先を変えた方が良いのか?の判断基準が欲しい
  • 直ぐではないが勤務先を変えようか考えている
  • 5年後も今の院で働いているイメージがない

柔道整復師の業界はまだまだ古い体質が残っています。
働いている先生がまず幸せにならないと、患者さんを幸せにすることは難しいです。
このチェックリストが先生の勤務先を見定める一助になれば幸いです。

サンキュー整骨院グループ求人募集中
東京/千葉/大阪/東京/兵庫/愛媛/福岡

【お申し込みの手順】

  • 1.お電話、フォーム、LINE、Facebookにて面接・見学のお申込みをしてください
  • 2.「お名前」「ご住所」「ご連絡先」「ご希望日時」をおうかがいします
  • 3.追って「日時」と「起こしいただく院」を担当者よりご連絡します

※学校の就職担当(キャリアセンターの先生)にお伝えいただいても大丈夫です

LINE・Facebookからのエントリーの場合は
「お名前(フルネーム)」「出身校」「学年」「見学希望日時」をお伝え下さい。