腱鞘炎は整骨院で施術可能!整形外科との違いも併せて解説

手書きのメモを取るときなどに、ペンを持つ手首に痛みを感じることはありませんか? 手首や指に起きる腱鞘炎は、腫れや痛みを伴う病気です。近年はスマートフォンを長時間使用する人が多くなっていることから、腱鞘炎を発症するケースも増えているようです。

腱鞘炎になると痛むだけでなく、手首や指をうまく動かせなくなることもあるので、なるべく早い対処が必要です。

今回は、腱鞘炎の症状とおもな原因などの他、整骨院と整形外科のどちらに行けばいいのかを解説します。

そもそも腱鞘炎とは?

つらい痛みや腫れを伴う腱鞘炎とは、どのような病気なのでしょうか。ここでは、腱鞘炎の症状などについて説明します。

腱鞘炎の概要と原因

腱鞘炎は、骨と筋肉をつないでいる「腱」がスムーズに動くように包んでいる「腱鞘」という組織に起きる炎症です。手首や指を使いすぎると腱鞘と腱がこすれ合って炎症を起こし、腫れや痛みを感じるようになります。これが腱鞘炎です。

 

腱鞘と腱は、腕から指までの間に何本もあります。そのため、炎症が起きて痛みを感じる部位は、腱によって親指だったり、手首だったりと違ってきます。

 

発症しやすいのは、腕や指先を酷使するスポーツアスリートや楽器演奏者などですが、出産前後の女性も腱鞘炎を起こしやすいといわれています。生まれて間もない赤ちゃんはまだ首がすわっていないので、赤ちゃんの頭を支えながら抱っこするなどの動作が、手首の腱鞘に負担をかけるようです。

また、ホルモンバランスの乱れも腱鞘炎を誘発する原因となるため、閉経後の女性も発症しやすいでしょう。

 

近年ではパソコンやスマートフォンを使う機会が増えたことで、手首や指先に痛みを感じる方も増えています。海外では、スマートフォンの長時間使用で指に痛みや腫れを感じたり、変形したりする症状(「テキストサム損傷」「スマートフォンサム」)も広まっています(※サム(thumb)とは親指のこと)。

腱鞘炎の種類

腱鞘炎の痛みや症状は、腱の部位によって異なります。本章では、おもな腱鞘炎の種類について解説します。

狭窄性腱鞘炎(きょうさくせいけんしょうえん:ドケルバン病)

親指を動かす腱の炎症をいいます。手首から親指にかけてある腱が炎症を起こすので、親指を動かすと親指側の手首が腫れたり痛みを感じたりします。手の甲が痛むこともあります。

ばね指(弾発指)

指の曲げ伸ばしをするための腱と、腱の浮き上がりを抑える「靭帯性腱鞘」の間で炎症が起きて、手のひら側の親指や人差し指、中指、薬指の付け根などに痛みが生じます。この症状が「ばね指」です。指を開こうとすると、ばねが弾けるように指が伸びることから「ばね指」と呼ばれます。

ほかにも、化膿性腱鞘炎(傷口から細菌が侵入して発症し、悪化すると発熱などの全身症状も出る)や、アキレス腱炎症(アキレス腱を酷使すると発症し、足首に腫れや痛みを感じる)などがあります。

腱鞘炎の場合、整骨院と整形外科どちらに行くべき?

腱鞘炎になったときは、整骨院と整形外科のどちらに行けばいいのでしょうか。ここでは、整骨院で施術を受けたほうがいいのか、整形外科で治療を受けたほうがいいのかについて解説します。

整骨院と整形外科の違い

整骨院と整形外科では、対応可能な施術・治療に違いがあります。

整骨院の特徴

国家資格保持者の柔道整復師が整復法や運動療法、電気療法などの物理療法で施術します。ぎっくり腰や肉離れなどの症状を、薬に頼らずに施術して痛みを和らげます。レントゲンやMRIでは異常が見られなかった身体の痛みなどの処置もします。

腱鞘炎の施術も行ないますが、保険適用外になるので注意してください。

整形外科の特徴

整形外科は病院であるため、医師が診察を行ないます。レントゲンやMRIでの精密検査や手術、投薬、薬の処方など、一般的な「治療」を施します。

腱鞘炎の場合、整骨院と整形外科、どちらに行く?

整形外科で受診をしたほうがいいのは、以下のようなときです。

  • 痛み止めや湿布を処方してほしい
  • 精密検査をしてほしい
  • 手術が必要なほど重症である

一方、整骨院で施術を受けたほうがいいのは、以下のケースです。

  • 整形外科で異常なしとされたが痛みが続く
  • 根本的な原因にアプローチし、再発を予防したい
  • 仕事の前や仕事後の夜でないと通院できない

重症の場合は、まず整形外科で治療をします。再発しやすい腱鞘炎は、一時的に痛みを鎮めるのではなく、根本的な原因を取り除くことが大切です。そのためには、整骨院で施術を受けるほうがおすすめです。

【腱鞘炎】整骨院での施術の流れ

整骨院で行なう腱鞘炎の施術の流れを紹介します。

  1. 問診と検査で患部の状態や痛みの度合いを確認する
  2. アイシングや超音波で患部を消炎する
  3. 手技で関節や筋肉の調整を行なう
  4. 必要に応じて、テーピングや包帯で患部を固定する

これらはあくまで一例です。痛みのある部位や症状によって、腱鞘炎の施術はさまざまです。

つらい腱鞘炎は整骨院で施術を受けるのがおすすめ

かつてはピアニストやスポーツ選手といった、指を酷使する職業に多かった腱鞘炎は、パソコンやスマートフォンの普及以降、幅広い年代の方が発症するようになりました。放置すると痛みが増すだけでなく、指や手首を動かしづらくなってくるので、早めの対処が必要です。

手首や指に違和感、痛みを感じたら、できるだけ早い段階で整骨院での施術を受けるようにしましょう。

フォローする

LINE 登録特典
働いてはいけない整骨院・
接骨院を見抜くチェックリスト

本特典をお読みいただくことで、今勤めている院、あるいは勤めようか考えている院が「本当に大丈夫かどうか?」を考えられる基準がわかります。
この様なお悩みがある方は、特典を受け取って確認をしてみてください。

  • 今の勤務先で悩みがある
  • 勤務先を変えた方が良いのか?の判断基準が欲しい
  • 直ぐではないが勤務先を変えようか考えている
  • 5年後も今の院で働いているイメージがない

柔道整復師の業界はまだまだ古い体質が残っています。
働いている先生がまず幸せにならないと、患者さんを幸せにすることは難しいです。
このチェックリストが先生の勤務先を見定める一助になれば幸いです。

サンキュー整骨院グループ求人募集中
東京/千葉/大阪/東京/兵庫/愛媛/福岡

【お申し込みの手順】

  • 1.お電話、フォーム、LINE、Facebookにて面接・見学のお申込みをしてください
  • 2.「お名前」「ご住所」「ご連絡先」「ご希望日時」をおうかがいします
  • 3.追って「日時」と「起こしいただく院」を担当者よりご連絡します

※学校の就職担当(キャリアセンターの先生)にお伝えいただいても大丈夫です

LINE・Facebookからのエントリーの場合は
「お名前(フルネーム)」「出身校」「学年」「見学希望日時」をお伝え下さい。