ケアマネージャー(介護支援専門員)を徹底解説! 柔道整復師が目指すには?

柔道整復師と一口に言っても、進路や働き方は様々です。基本的には接骨院や整骨院、病院の整形外科などで働いていますが、それ以外にケアマネージャー(介護支援専門員)として働く道もあります。そこで、ケアマネージャーとは一体何なのか、どんな仕事をするのか、柔道整復師が目指すには何が必要なのかなど、詳しく解説していきます。

柔道整復師は介護・福祉の現場で活躍できる

近年、柔道整復師の人気が高まっている理由の1つとして、活躍できるフィールドの広さが挙げられます。施術業界はもちろん、介護・福祉業界・スポーツ業界・美容業界など、柔道整復術を活用できる現場はたくさん存在しているためです。特に少子高齢化が著しく進んでいる日本では、介護・福祉の現場で働ける人材の需要がますます高まっています。柔道整復師の資格を持っている場合、介護・福祉業界では「機能訓練指導員」として働くことが可能です。

機能訓練指導員は、主にデイサービスや特別養護老人ホームといった福祉施設、もしくは病院に併設されたリハビリステーションなどで働いています。利用者の身体機能の低下を抑えるため、訓練やレクリエーションを行うのが仕事です。あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師・理学療法士・看護師などの資格を持っている人も、機能訓練指導員になることができます。
柔道整復師の場合、その知識や技術を活かして運動指導を行うほか、利用者が転倒するなどして負傷した時、すぐ治療できるのがメリットです。ただし、年収はあまり多いと言えないため、将来性を考慮するならケアマネージャー(介護支援専門員)の資格を取得して、キャリアアップすることをオススメします。

ケアマネージャーの仕事内容

ケアマネージャー(介護支援専門員)は、利用者の身体機能だけではなく、生活全体を考慮した「ケアプラン」を作成します。ケアプランとは、介護保険のサービスを受けるにあたり、利用者の自立を促すためには何が必要なのか、どんなサービスを提供するべきかということを、包括的に判断してまとめたものです。介護保険制度はもちろん、その地域で提供されているサービスも踏まえて作成する必要があります。

また、ケアプランを作成する場合、利用者やその家族、医療関係者などを集めて「サービス担当者会議」を行わなければなりません。関係者一同と話し合い、場合によっては変更を加えたり、再度会議を開いたりすることもあります。
さらに、ケアプランの作成が終わった後は、計画通りに進んでいるかチェックすることも仕事です。要望があれば、途中で内容を変えることもできます。ケアプランに問題があると、利用者の身体的負担、および金銭的負担が増大する恐れもあるため、大きな責任が伴うことも認識しておきましょう。

ケアマネージャーとして働くメリット

ケアマネージャーの資格を取得することで、様々なメリットを享受できます。

給与アップに期待できる

2014年(平成26年)に厚生労働省が発表したデータによると、一般的な介護福祉士に比べて、ケアマネージャーは4万円ほど平均給与が高くなっています。勤務場所によっては、資格手当なども期待できるでしょう。

仕事の幅が広がる

ケアマネージャーになれば、老人ホームや居宅介護支援事業所、地域包括支援センターなど様々な職場で働くことができます。別業種の人と仕事で関わる機会が増えるため、知見を広げることも可能です。

やりがいを感じられる

ケアマネージャーは介護を必要とする利用者や、その家族のために働きます。感謝されることも多いため、仕事にも大きなやりがいを感じられるでしょう。

柔道整復師がケアマネージャーになるには?

2018年以降、ケアマネージャーの受験資格は変更されています。柔道整復師がケアマネージャーを目指す場合、3つのステップをすべてクリアしなければなりません。

ステップ1 5年以上の実務経験を積む

最初のステップは、柔道整復師として5年以上かつ900日以上の実務経験を積むことです。営業や事務ではなく、施術者としての実務経験が求められます。実務経験の有効性については、受験を申し込む際に提出する「実務経験証明書」によって判断されることも覚えておきましょう。

ステップ2「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格する

2つ目のステップは、毎年10月に実施される「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格することです。試験は年1回しか行われないので、しっかりスケジュールを調整する必要があります。申し込みの期日は都道府県ごとに異なりますが、だいたい6月~7月上旬です。

ステップ3「介護支援専門員実務研修」を受講する

試験に合格したら、最後のステップとして「介護支援専門員実務研修」を受講します。15日間の講習、および3日間の実習という研修構成です。ケアプランの作成やモニタリング業務など、ケアマネージャーに必要なスキルを学びます。

ケアマネージャーの資格取得は難しいが需要も高い!

柔道整復師がケアマネージャーになるためには、まず5年以上の実務経験が求められるので、人によってはハードルが高いと感じるかもしれません。また、試験の合格率も10~20%と低いため、片手間で取得するのは困難です。しかし、超高齢社会を迎えている日本では、ケアマネージャーの需要もますます高くなると予想されます。給与面や仕事のやりがいを考慮しても、ステップアップの目標として相応しい職業なので、ぜひ資格取得を検討してみてください。

サンキュー整骨院グループ求人募集中
東京/千葉/大阪/東京/兵庫/愛媛/福岡

【お申し込みの手順】

  • 1.お電話、フォーム、LINE、Facebookにて面接・見学のお申込みをしてください
  • 2.「お名前」「ご住所」「ご連絡先」「ご希望日時」をおうかがいします
  • 3.追って「日時」と「起こしいただく院」を担当者よりご連絡します

※学校の就職担当(キャリアセンターの先生)にお伝えいただいても大丈夫です

LINE・Facebookからのエントリーの場合は
「お名前(フルネーム)」「出身校」「学年」「見学希望日時」をお伝え下さい。