柔道整復師とスポーツトレーナーの関係とは?資格取得をおすすめする理由も紹介

近年、健康に対する意識が飛躍的に高まっており、仕事帰りなどにスポーツジムに通う方が非常に増えています。スポーツジムに通っている方のなかには、ジムで働くスポーツトレーナーの職業に興味を持ち始めた方もいるのではないでしょうか。

スポーツトレーナーは運動指導だけではなく、怪我をしている方の復帰のサポートや現場での応急処置を行なう場合もあります。そのため、柔道整復師などの医療系資格を取得しておくと就職にも有利です。

本記事では、スポーツトレーナーの仕事内容から柔道整復師との関係について解説します。

スポーツトレーナーとは?

スポーツトレーナーは、大きく2種類に分けられます。1つは、コンディションの維持・強化などを担当する“フィジカルトレーナー”、もう1つは怪我の処置・回復などを担当する“メディカルトレーナー”です。

同じスポーツトレーナーであっても仕事内容はかなり異なるので、それぞれどのような職業なのか、どのような資格が必要なのかなどを詳しく解説していきます。

スポーツトレーナーの仕事内容

スポーツトレーナーは、スポーツ選手の身体的サポートを行なうのがおもな仕事です。最近はスポーツジムなどの運動施設が増加しているため、一般の方に向けて運動やストレッチの指導・サポートを行なっているケースもよく見られます。

スポーツトレーナーの具体的な仕事内容は、以下の通りです。

  1. 運動前後のストレッチのサポート
  2. 筋肉トレーニング時の指導
  3. 練習や試合時の怪我の応急処置
  4. 怪我の回復に向けたリハビリ指導とサポート

上記のうち、1と2はフィジカルトレーナー、3と4はメディカルトレーナーが担当することになります。

フィジカルトレーナーは心身のコンディションの維持・強化を図るため、専門家の見地からトレーニングプログラムを作成したり、トレーニング方法を指導したりするのが仕事です。また、ウォーミングアップやクールダウンの指導、メディカルトレーナーに同伴して栄養管理のアドバイスなども行ないます。

一方、メディカルトレーナーはトレーニング中や試合中に怪我をした際に応急処置を行なったり、怪我の予防対策としてテーピングを行なったりするのが仕事です。また、怪我からの復帰を早めるリハビリメニューの作成や疲労回復を促すスポーツマッサージ、栄養管理や健康管理のアドバイスなども行ないます。

フィジカルトレーナーとメディカルトレーナーにそれぞれ別の担当者がいることもあれば、両方の役割を一人でこなしていることもあるため、働き方は職場や環境によって異なります。

スポーツトレーナーの職場

スポーツトレーナーの職場は、以下の3つに大別されます。

企業のスポーツチーム

企業のスポーツチームには、Jリーグなどのプロチームと、企業が所有しているマラソンチームなどの実業団チームがあり、どちらと契約するかで勤務態勢や難易度は変わります。

プロチーム所属のスポーツトレーナーは年単位の契約が多く、実績や評価がなければ契約を切られてしまうため、非常にシビアな世界です。その代わり高年収が見込めるので、やりがいのある仕事といえます。また、複数のスポーツトレーナーと契約して分業制をとっているチームが多いため、フィジカル・メディカルの専門性をそれぞれ活かしやすいでしょう。

一方で実業団チーム所属のスポーツトレーナーは、チームを所有する企業に就職します。その企業の社員となるため、福利厚生も契約も長くしっかりとしたものが多いのが特長です。トレーナーとしても安定して働きやすいでしょう。ただし、プロチームほど予算が多くないからか、一人でフィジカル・メディカルの両方を担当することが多いようです。

プロスポーツ選手との専属契約

プロスポーツ選手との専属契約を結ぶ場合、その選手個人に対してスポーツトレーナーの仕事を提供することになります。そのため、一人の選手の身体的な管理やサポートを行ない、結果に結びつけることが非常に重要です。

責任も大きくなりますが、やりがい・収入もその分大きく、スポーツトレーナーのひと握りがつかめる夢の職場ともいえます。

しかし、その就職は一般の媒体などでは募集されていません。人とのつながりや信頼関係、実績などから声がかかるということが多いようです。契約人数や勤務態勢も選手によってそれぞれ異なるため、事前によく確認する必要があります。

スポーツジムなどの運動施設

スポーツジムなどの運動施設でスポーツトレーナーとして働く場合、そのジムを経営する企業の従業員として就職するのが一般的です。そして、ジムの利用者に向けてトレーニングやストレッチの指導を行ないます。多くの利用者がいるなかで、運動指導やメニューの考案などを個々に合わせて行なうため、多くの経験を積めるでしょう。

ジムの規模にもよりますが、一般的に複数のスポーツトレーナーが在籍しているので、フィジカル・メディカルで役割を分担して働くことが多くなっています。

この他にも、地域のスポーツ事業へ派遣される派遣社員や、きわめて少数ですが、日本代表チームのスポーツトレーナーとして代表選手のために働く方もいます。

フィジカルトレーナーとメディカルトレーナーはそれぞれ仕事内容が異なるので、両方に対応するためには経験を得ることはもちろん、幅広い知識を身につけておく必要があります。そのため、医療系国家資格を取得しておくと就職で有利になるでしょう。

スポーツトレーナーになるには?

スポーツトレーナーとして働くうえで、取得しなければならない資格はありません。とはいえ、仕事内容や職場から求められる能力を踏まえると、何の資格も持たない方がスポーツトレーナーとして働くことは、現実的には厳しいのが実情です。

スポーツトレーナーに関連する資格は、柔道整復師をはじめとする“医療系国家資格”と、公認アスレティックトレーナーやJATACといった“民間資格”に大別されます。

民間資格は取得のハードルこそ低いですが、これだけを取得していてもあまり高く評価されません。そのため、本格的にスポーツトレーナーとして活躍したいと考えるなら、医療系国家資格を取得するべきだといえるでしょう。

実際、日本で働いているスポーツトレーナーの多くは、柔道整復師や鍼灸師といった国家資格を持っています。

また、スポーツトレーナーを雇う企業やチームも、医師に成り代わり “代替治療”を提供できる人材を欲しています。そのニーズを踏まえると、医療系国家資格の重要性は高いといえるでしょう。

スポーツトレーナーになるなら柔道整復師の資格をとろう!

スポーツトレーナーとして働きたいと考える方に、最もおすすめしたい医療系国家資格は“柔道整復師”です。なぜこの資格が有利となるのかを解説していきます。

なぜ柔道整復師がおすすめなのか

数ある医療系国家資格のなかでも、なぜ柔道整復師がおすすめなのか“医療類似行為”の観点からまとめました。

医療類似行為を行なえるのは医療国家資格所持者

スポーツトレーナーとして求められることは、選手の身体への広範囲にわたるケアです。トレーニングからマッサージ、怪我時の応急処置、回復のリハビリケアまで求められるのがスポーツトレーナーです。

しかし、日本の法律において、人の身体に触れて医療類似行為を行なえるのは医療系国家資格を所持している者に限ります。そのため、国家資格となる柔道整復師を持つことは大きなメリットとなるのです。

なお、医療系国家資格とは、柔道整復師の他、医師、鍼灸師、理学療法士、作業療法士、看護師などが該当します。柔道整復師はこれら医療系国家資格のなかで、運動者に向けた治療を行なう技術を持つ唯一の資格です。

柔道整復師は柔術から生まれたものです。相手を殺傷する「殺法」が競技柔道となり、蘇生や治療を行なう「活法」が柔道整復術となっています。

その生まれからもわかるように、競技者のための治療技術が柔道整復師であり、骨折、脱臼、捻挫、打撲などの怪我に対して迅速に、かつ的確に応急処置が行なえます。また、柔道整復師は骨や筋・腱の構造や機能に精通していることから、怪我後の回復を図るリハビリにも対応できます。

スポーツトレーナーの医療類似行為とは

スポーツトレーナーは職業の性質上、人の身体に触れることが多い仕事です。そのなかでも“応急処置”と“リハビリケア”は医療類似行為に該当し、必要となる場面もたくさん訪れます。

そのため、スポーツチームやプロ選手と契約を結ぶスポーツトレーナーを目指す場合には、柔道整復師の国家資格を取得することが有利に働くのです。

柔道整復師は、スポーツトレーナー以外でも活躍の場面がある

柔道整復師のニーズはスポーツ業界以外でも高まっているため、その資格を活用すればスポーツトレーナー以外への就職も可能です。

  • 整骨院
  • 独立開業
  • 病院の整形外科
  • 介護施設
  • 機能訓練指導員

このように柔道整復師は幅広い方面で活躍できるため、大きな価値がある資格といえます。また、上記の職場でさまざまな経験を積み、そこからスポーツトレーナーとして働く道があることも覚えておきましょう。

整骨院

柔道整復師の進路として、まず思い浮かぶものは整骨院(接骨院・ほねつぎ)です。骨折・脱臼・捻挫・打撲といった急性外傷に対し、健康保険が適用される施術を行なうのが基本となります。

規定された業務範囲内に限られますが、柔道整復師は医師の指示がなくても、自らの判断に基づいて治療を提供することが可能です。

独立開業

柔道整復師は“開業権”が認められている資格なので、個人で整骨院を設立して開業することができます。経営が軌道に乗れば、年収1,000万円以上も夢ではありません。

整形外科

整骨院以外だと、病院の整形外科に勤めている柔道整復師も多くいます。医師のサポートや治療機器の操作など、柔道整復師としての知識・技術を活かして、施術以外の仕事を行なう場合もあります。

介護施設

高齢者人口の増加にともない、デイサービスなどの介護施設で働く柔道整復師も増えています。機能訓練指導員として歩行や日常動作のトレーニングを行なったり、マッサージで身体の疲労を取り除いたりするなど、柔道整復師の知識・技術が活かせる職場です。

スポーツトレーナーになるには柔道整復師の取得がおすすめ

スポーツトレーナーは、特定の資格が求められる職業ではありません。しかし、プロチームや選手と契約したり、企業チームの専属のスポーツトレーナーになったりするためには、運動指導から怪我の応急処置、回復ケアまで選手の身体に触れる医療類似行為を行なえることが求められます。

そのため、医療系国家資格である“柔道整復師”を取得しているかどうかで、就職の成否が大きく分かれるといっても過言ではありません。

柔道整復師の資格があれば、介護施設・整骨院・整形外科などスポーツトレーナー以外の道に進むことも可能です。また、他の業界・業種で経験を積み、そこからスポーツトレーナーとしてチームや選手と契約を結ぶこともできます。柔道整復師の資格を取得しておくことは、スポーツトレーナーになる道の幅を広げるためにも有利だといえるでしょう。

サンキュー整骨院グループ求人募集中
東京/千葉/大阪/東京/兵庫/愛媛/福岡

【お申し込みの手順】

  • 1.お電話、フォーム、LINE、Facebookにて面接・見学のお申込みをしてください
  • 2.「お名前」「ご住所」「ご連絡先」「ご希望日時」をおうかがいします
  • 3.追って「日時」と「起こしいただく院」を担当者よりご連絡します

※学校の就職担当(キャリアセンターの先生)にお伝えいただいても大丈夫です

LINE・Facebookからのエントリーの場合は
「お名前(フルネーム)」「出身校」「学年」「見学希望日時」をお伝え下さい。